Uncategorized

【2024年最新版】KDP登録できない?つまずきやすい銀行口座についても詳しく解説

yumiko

KDP登録は、kindle出版をするために必要な手続きです。

KDP登録をすることで、出版手続きの入力が可能になります。

本記事ではKDP登録の手順を画像付きで、つまづきやすい箇所についても詳しく説明しています。

KDP登録をしたい方、登録がなかなか進まない方は、ぜひ参考にしてください。

KDP登録で最初に用意するもの

KDP登録で最初に用意するもの

KDP登録に必要なものは、以下の2つです。

  • Amazonアカウントのパスワード
  • 銀行口座

KDPにログインするには、Amazonアカウントが必要になるため持ってない方は作っておきましょう。

また、印税を受け取るための銀行口座の用意も必要です。

KDP登録完了までの5つの手順

KDP登録完了までの5つの手順

KDP登録完了までの手順を紹介します。

手順1:KDPにアクセスする

まずは、KDPにアクセスしましょう。

Amazonアカウントでログインします。

手順2:KDPアカウントを作成する

必要事項の氏名・Eメールアドレス・パスワードを入力後「KDPアカウントを作成する」をクリックします。

アカウント作成

手順3:マイプロフィールを入力する

下記画像のページに移動したら、上から順に入力していきます。

マイプロフィール

手順4:支払いの受け取り方法を入力する

「銀行口座の登録できない」という声をよく聞きます。

よくある登録できない理由は以下の2点です。

  • 全角で入力している
  • マーケットプレイスに反映されない箇所が2つあるため、進めていない

銀行口座の入力は必ず半角で入力しましょう。

登録できないと困っているケースでは、全角で入力してしまっていることが多い傾向にあります。

また、日本の銀行口座を登録する場合、下記画像のように2箇所マーケットプレイスに反映されないところがあります。

マーケットプレイス1
マーケットプレイス2
マーケットプレイス3

上記画像のような状態になればOKです。

「小切手による支払いの明細」の項目まで入力しましょう。

手順5:税に関する情報を入力する

税に関する情報を入力する部分も、つまずきやすい項目です。

まず、納税区分の項目を個人か法人のどちらかで選択します。

多くの方の場合、個人で問題ありません。

次の項目「あなたは仲介代理人、または別人の代わりに支払いを受け取る代理人、あるいは橋渡しするだけですか?」ですが「あなたは代行していますか?」という意味です。

そのため、ほとんどの場合「いいえ」でOKです。

いいえ

次に「税務上の身元情報について」に進みます。

入力はすべてローマ字で記入してください。

氏名・住所のすべてです。

税務上の身元情報について

また「納税者番号(TIN)について」ですが、日本のマイナンバーは米国の税務申告には使用できないため、以下の手順で登録してください。

1.「私は米国以外のTINを持っています」のレ点チェックを一度外す

「私は米国以外のTINを持っています」のレ点チェックを一度外す

2.「私が税金支払い義務のある国では、居住者にTINを発行していません。」を選択する

「私が税金支払い義務のある国では、居住者にTINを発行していません。」を選択する

※米国からの印税収入がある方は登録方法が異なります。

その場合はKDPに直接、問い合わせるとよいでしょう。

さいごまで入力したことを確認し「続ける」をクリックすると「保存してプレビュー」に切り替わります。

「保存してプレビュー」1
「保存してプレビュー」2

必要事項すべてにレ点チェックをし、著名して「フォームを送信」をクリックします。

※著名はローマ字で入力してください

下記画像の画面に切り替わったら「インタビューを終了」をクリックします。

インタビューを終了

「インタビューを終了」をクリックすると下記画像のように画面が切り替わります。

サイト右下の「保存」をクリックして登録終了です。

保存

KDP登録と出版手続き入力は、それぞれ別の日に分けて行うことをおすすめします。

出版手続き入力は慣れていないと、時間がかかるからです。

また、出版手続き後に審査があり、審査に通るまで最大72時間かかります。

出版告知をしたい日から逆算して、KDP登録、出版手続きをするようにしましょう。

まとめ|KDP登録できない場合は焦らずひとつずつ確認してみよう

面倒に感じるKDP登録ですが、手順に沿って進んでいくことでスムーズに行えるでしょう。

特にKDP登録でつまずきやすい箇所は「銀行登録」と「税に関する情報を入力」です。

万が一、登録ができない場合は焦らず手順を確認し、丁寧に進めていきましょう。

登録が終われば、あとは原稿・表紙イラストを用意し、出版手続きするだけです。

2冊目、3冊目と出版する際は、KDP登録は不要で出版手続き入力のみになるため、もっとスムーズに出版できるはずです。

あなたの書籍を待っている読者のためにも、KDP登録は早めに済ませておきましょう。

ABOUT ME
相馬 由美子(そうま ゆみこ)
相馬 由美子(そうま ゆみこ)
kindle出版
SEO記事のディレクターを経て、kindle出版代行業を始める。

「クライアントさまの事業を愛する」をモットーに丁寧なヒアリングを心がけている。
ヒアリングで得た情報を元に「伝えたい想い」を言語化することが得意。

一人ひとりのクライアントさまとじっくり向き合いたいため、毎月の受ける件数は限定しています。
記事URLをコピーしました